お知らせ

News

後期生徒会役員選挙(中学・高校)

みなさん、こんにちは。

 1週間前の11月9日(水)に中学と高校で後期生徒会役員選挙が行われました。今日はその様子をお伝えします。

それでは、本編スタートです。

中学・高校後期生徒会役員選挙

 中学の選挙では6名の立候補者が演説を行いました。それぞれに一所懸命に事前に用意した熱い思いを語りかけていました。
 1年生も半年間の生活の中で先輩たちの姿を見て、自分たちもと思ってくれていたように感じます。今回も立候補者だけでなく、応援演説の生徒の熱意も大変すばらしく良い選挙演説の時間でした。
 学校生活を良くしたい、楽しくしたいという思いをもって自分たちで行動しようとする姿勢は見ていてとても頼もしく感じます。

 高校のでの立候補者は7名。それぞれが熱い思いを演説しました。
前期生徒会役員から引き続き立候補した生徒は「前期の期間は公約を実行できないことが多かった。この反省をいかして、次期は一つずつ着実に実行に移したい。」とのことでした。

 現状を変える、新しいことを始めるというのは、1人で行動するのは簡単でも、学校全体(約1000人)を巻き込んでというのは、難しいことですよね。

それでも、今回の演説にもあったように、
「ワクチンを1つ寄付するためには、500個のペットボトルキャップが必要です。1人でそれだけ集めるのは難しくても、学校全体で1人1個のペットボトルキャップを寄付すれば、あっという間にワクチン2本分になります。」


高校生は配信での演説

 学校全体のことだから1人のときより難しいこともあれば学校全体のことだから1人でするよりずっと簡単ということもあるのだなと立候補者の演説を聞いて感じました。

どの立候補者にも共通していたのが「みなさんにとって楽しい学校にしたい」との熱い思いでした。もちろん生徒のみなさん一人ひとりが生徒会の一員なのです。

もちろん生徒のみなさん一人ひとりが生徒会の一員なのです。

執行役員も生徒も先生も一体となって、大阪国際の歴史を築いていきましょう!

supported by 高1学年団 長田

最後に

 誰しもが良い生活を望むものですが、簡単には実現しません。自分たちで行動することが大切なのです。生徒会役員を中心として、みんなで良い環境・生活づくりをできるといいですね!
 また、認証式の様子もお伝えします!

👇日記の過去記事をご覧になりたい方は、下のバナーよりご覧いただけます。