お知らせ

News

大阪国際高校で女子ラクロスにチャレンジしてみませんか?

 皆さんこんにちは!新中高設立準備室です。
今日はいきなりですが、みなさんにラクロスというスポーツのご紹介をさせてください!

 なんでいきなり?と思われた方もいらっしゃると思いますが、大阪国際高校では女子ラクロス部を準強化クラブとして位置付けているのです。

ぜひこの機にラクロスのことを知ってみませんか?

ラクロスってどんなスポーツ?

 1チーム10人で行われ、クロスと呼ばれるスティックを使ってプレイヤーが相手フィールド内に設置されたゴールにボールを入れて得点を競うスポーツです。
日本ではまだマイナーなスポーツですが、北米やヨーロッパで盛んな競技で、アメリカやカナダにはプロリーグが存在するんですよ!カナダでは国技になっているほどです。
 さらに、2028年のロサンゼルスオリンピックで正式種目に採用されることも有力視されています!
まさに、これから日本でも注目が高まってくるであろうスポーツのひとつではないでしょうか?

 さて、ラクロスのゲームではアタック、ミッドフィルダー、ディフェンス、ゴーリーと4つのポジションに分かれ、それぞれに役割があります。ポジションごとに動ける範囲が制限されており、その中でクロスを使った素早いパス回しを行い、ゴールを狙うのです。俊敏なパスまわしと目にも止まらぬ速さのシュートが見どころ。
男子のラクロスはタックルが許可されており、激しいスポーツのイメージがありますが、女子では禁止されています。ですので、素早さや瞬発力、的確な判断力、そしてなによりチームワークが求められるスポーツと言えるでしょう。

 そんなラクロスですが日本ではクラブ、大学、高校で合計約400チームが存在します。大半の競技者は大学から競技を開始するのも特徴のひとつです。
実際に、数えてみるとラクロスチームを持っている高校はそう多くありません。
高校女子チームは関西に8校、関東で29校です。

 ちなみに、もちろん全国大会もあります。
全国大会には計8校が出場するのですが、うち3校が関西の枠ですから……関西大会で2回勝てば全国大会出場できてしまうんですね!
競技人口も、チームの数も、まだまだ多くは無いですが、だからこそ他のスポーツではなかなか無い「チャンス」にあふれた競技と言えるかもしれませんね。

大阪国際高校でラクロスを始めよう!

 さて、そんな女子ラクロス部が大阪国際高校では準強化クラブに指定予定です!実際に、新校の人工芝グラウンドにはラクロスのフィールドラインが引かれます。競技環境もしっかり整備されるのは魅力的ですよね!

 現在、実際に本学園の大阪国際滝井高等学校には女子ラクロス部があり、併設の大阪国際大学の女子ラクロス部と合同で活動しています。
 さらに、監督は関西クラブチャンピオンチーム所属の現役プレーヤーが務めています。安心の指導環境です。

 いかがでしょうか?ラクロス。少しご興味わきましたでしょうか?


「高校から新しいスポーツを始めてみたい!」
「足が速いことを活かしたスポーツをしてみたい!」
「反射神経には自信が!」
「持久力があります!活かせるスポーツは無いかしら?」


そんな風に思っている人にピッタリ。ですよ!
他のスポーツと違い、中学校からの競技者がほぼいないので、皆スタートラインは一緒です。

 さらにさらに、中学でもスポーツを頑張っているひとで「中学の時とは違うスポーツで活躍してみたい!ラクロス面白そうだな」という場合はさらに耳より情報がございます!
実は、本校ではラクロス部に対する特待制度を設けているんです。
これまでに他のスポーツであっても、特筆されるべき優秀な成績を修めた実績をお持ちの方であれば、ラクロス部での特待生のチャンスがあるのです。
(内容と特待適用については個別のご対応になりますので、気軽にお問合せ下さい!)

 もちろん、ラクロスで特待のチャンスを狙う方だけでなく、新しいスポーツにトライしてみたい!という方も大歓迎です!!

さぁ、あなたも大阪国際高校で、ラクロスを始めてみませんか?