みなさんへのメッセージ~理事長対談~

Interview

対談7作曲家:新実徳英氏 曲がりくねって進んでも、好きだから努力できる

対談7 作曲家:新実徳英氏

様々な分野の著名人をお迎えして、みなさんにメッセージを贈っていただく理事長奥田の対談シリーズ第7弾。
お話いただいたのは、大阪国際中学校高等学校の校歌を作ってくださった作曲家の新実徳英氏です。
新実氏は管弦楽や室内楽、合唱作品をはじめとして、校歌もまた数多く作曲されています。現代音楽の作曲家としてはもちろん、本も上梓されるなど多方面でご活躍中ですが、子どものころから音楽家を目指していたのかと思いきや、実は東京大学工学部を卒業後に東京藝術大学に進学したという、驚きの経歴の持ち主。
今回は、我が校の校歌に込められた想いや校歌を作曲するときに大事にしていること、東大から藝大への転身の経緯、そして教育への想いを語っていただきました。

校歌で自由に楽しく遊び、みなさんで校歌を育ててください。

奥田
先生に作曲していただいた我が校の校歌ですが、校歌にしては少し速めのテンポですが、これは何か意図的に考えられたのですか?

新実
それはあります。僕の母校もそうですが、校歌って真面目で堅苦しくっていう印象がありますよね。それを避けようと思いました。ちょっとポップ感覚というか、今の時代の子どもたちが、大いにノッて楽しく歌える。場合によっては遊んでいるときにも歌えるような校歌を作りたいと思ったんですね。
今までの依頼で一番印象的だったのが、ある小学校の校長先生。彼がこう言うんですよ「子どもたちが学校の行き帰りに楽しく歌えるような校歌を作ってください」と。とにかく行き帰りみんなが楽しく歌う、これはとてもいい考えだと思いました。それから校歌をいくつも書いていますが、やっぱり楽しいことが大事だなと。
大阪国際学園の校歌は楽しい校歌で、アレンジしやすいパートがあるんです。例えば、指定とは別の楽器を鳴らしたりとか、あるいは掛け声「ランララー」と入れるとか、色んな遊びの要素がある。じゃあ私たちはまっすぐ歌うけど、君たちはここで合いの手を入れる役割とかね。それを発見してほしいわけです。音楽の先生には「お好きなようにそういうのを見つけて、みんなで遊べるようにしてください」とお話しました。

奥田
音楽の世界、そばで見ていると、勝手に触ったりするのはダメな感じがしますが。

新実
そういう面はありますが、校歌っていうのは僕が差し上げたものですから、著作権みたいなのだけは僕が持っているんですけれども、かなり自由にやってもらって構わないと思っています。

奥田
そういう気持ちがこの校歌に込められているのですね。

新実
そうです。だから大阪国際学園がこの校歌を育てる、歌い方を育てる、使い方を育てる、そして歌い継がれていく、それが僕の考える理想ですね。

奥田
いいですね。ところで、海外に校歌はあるんですか?アメリカだとスポーツチームが持っている音楽があったりしそうですが。

新実
あるのかな?日本はありますよね。「燃えろドラゴンズ~」とかね。タイガースじゃなくてすみません(笑)。だけど校歌はあまり聞かないですね。僕は校歌っていいもんだと思いますよ。昔の同級生だった奴と会ってね、宴会のときに「ついでに校歌やろうぜ」なんてやると盛り上がりますよね。強烈なアイデンティティがそこにあるわけですから。
東大には校歌があったと思うんですけど、東京芸大に校歌は存在しないんですよ。

奥田
そうなんですか。

新実
誰が作っても角が立つので。

奥田
(笑)最初に作っておけばよかったんでしょうけど。

新実
 そうすると明治時代に作らないといけない。

奥田
それは残念。

新実
だから誰も作ろうと言わないですよ。選びようがないですよね。誰が選ぶのよ、と。

奥田
確かに。

新実
それはともかくとして、校歌を書くということに、僕はプレッシャーを勝手に持つんです。校歌は子どもたちにとって選択肢がないですよね。これしかない。だから、やっぱり僕が「これは最高だ」というものを出したいと思っていつも書くんです。僕はNコン(NHK合唱コンクール)の課題曲を今年書きましたが、これも選択肢がない。うちの学校はこの曲嫌だというわけにはいかないんですよ。そんなふうに選択肢がない場合、できるだけ最高のものを自分で作りたい。
例えば、NHK交響楽団からの依頼でオーケストラ曲をかくとき、もちろんちゃんとしたものを書きますが、もし失敗したって向こうは演奏しない選択ができるわけです。でも、校歌はちがう。だから選択肢がないときに何をするかというのは、大きな責任があると思います。
学校の先生もそういう意味では大変ですね。僕はよく学校の合唱部のことを例に出すんですが、例えば子どもたちに合唱部の先生を選択することはできないですよね。町の合唱団だったら、あんな人嫌だから私辞めるわ、あるいは交渉してあなた辞めてくださいってこともできるけど、学校現場ではそうはいかない。だからやっぱり何か与えようとする側はすごく責任重大だなと。

奥田
なるほど。そういう意味で先生ご自身、作品に対して責任の意識を強くお持ちになって活動されてきたんですね。

新実
そうですね。その中で、色んな人との出会いとか、色んなものとの出会いとかもあって。人は自分一人じゃ育たないですね。

奥田
音楽も、勉強も一人でパッとできる人もいるし、自分の世界だけでいきたい人もいる。しかし、先生は、周りの人たちと一緒にやるという音楽家としてずっと歩んでこられたわけなんですね。

1 2 3

一覧へ戻る